会社情報

代表メッセージ

菅原勇一郎

お客様が求めるメニューの追求

90年代後半頃は、例えばエビフライの揚げ物の衣を極力薄くするなど、他のお弁当屋さんでは真似することができないプライベートブランドの商品を数多く開発してきました。
また、女性が思わず注文したくなるようなメニューとして、当時はミートソースやナポリタンしか入っていなかったパスタ系のメニューだけでも20種類ほどのお弁当に合うパスタソースを導入いたしました。
朝食を抜く風潮があった頃には、メニューに納豆を入れてみたり、常に美味しいお弁当作りとお客様の健康を考えて色々と試してきました。
近年のヘルシー志向には、肉・魚・野菜の栄養バランスにこだわりつつ、カロリーコントロールもできるようカロリーアンサーという機器を導入しメニューにカロリーの表示を行っております。
このような取り組みができるのも、原材料の調達から製造、販売まで一気通貫して行える事業だからこそと言えるでしょう。

「安全・安心で美味しく、栄養バランスの整った健康的な商品を、適正な価格で真心こめてお届けする」これを使命に邁進してまいりました。
この思いは「配達効率を向上させ、廃棄ロス率0.1%未満を達成し、お客様に原材料費として還元する」流れとして一つの企業文化として定着してきました。
マンパワーによる数々の仕組みは度々メディアにも取り上げられ、ビジネススクールの講義等においてもケーススタディーとして取り扱われるようになりました。
お弁当を日本文化として世界に発信し続けるとともに、これからもお客様、パートナー企業様、また地域社会にも貢献できるよう努めてまいります。
企業経営の取り組みの一つとして、健康経営がキーワードとなってまいりましたが、当社のお弁当がその一助となりましたら幸いです。

株式会社玉子屋 代表取締役社長 菅原勇一郎
立教大学経済学部経営学科(体育会野球部所属)を卒業後、株式会社富士銀行(現 株式会社みずほ銀行)入行。1995年、流通マーケティング会社を経て、1997年、株式会社玉子屋に常務取締役として入社、2004年に同代表取締役社長に就任。
テレビ東京「カンブリア宮殿」等メディアに多数取り上げられ、独自の経営手法、人材マネジメントは米国スタンフォード大学の大学院生が視察に訪れるなど着目されるようになる。
平成20年にサービス産業生産性協議会が主催する「ハイ・サービス日本300選」第2回受賞企業に選出される。

このページの先頭へ