玉子屋のこだわり

製造~配送のこだわり

日替わりオフィス弁当は1日1種類。

おかずの数は平均7種類。メニューは選べませんが、
お客様の健康を考え、肉・魚・野菜の栄養バランスを重視した、
彩り鮮やかなお弁当を1食450円という価格にてご提供しております。
その秘密は、メニュー1種類の原材料60,000食分を仕入れるという、
スケールメリットにより仕入原価を抑えることで実現しております。

1日あたりの平均廃棄ロス率は0.1%未満。

極力廃棄ロスを削減し、環境負荷を軽減するよう努めているほか、
受注・製造・配送の緻密な連携により、
オペレーション上の無駄をなくすことで仕入原価に還元しております。
また、サプライヤー様ご協力のもと、原材料の不足分は
近隣の京浜エリアの冷蔵・冷凍倉庫より調達を可能としているため、
廃棄ロスを出さないよう体制を整えております。

↓

需要予測の精度と製造のスピード

お客様のお昼休みまでにお弁当をお届けするため、
注文を締め切ってからの製造では間に合いません。
メニュー・天候・曜日などを基に独自のデータで
注文数を予測し製造を開始。
約170台の配達車両が予測した注文数を積み込んで
担当エリアへ向かいます。
1時間あたりの製造数は、最大で炊飯ラインが15,000食、
おかずラインが16,000食の製造を可能としており、
極力作り立てのお弁当をお届けできるよう工夫をしております。

廃棄ロスを出さない秘訣

オペレーターが注文をお受けしながら常に配達数を集計。お弁当の不足分を計算・予測して、追加製造数を工場に指示を出します。
配達スタッフはエリアごとのチーム内で不足分・余剰分を調整しつつ、注文確定後に出発する最終便の補充到着分を待ちながら正確にお弁当をお届けいたします。

お客様に満足いただけるメニューを提供

日替り弁当はリターナブル容器のため、午後に配達スタッフが容器の回収へ伺います
その際に、翌日の注文のご予定や、メニューに関する感想・リクエスト等をお聞きして
メニューの改善に役立てております。
安全・安心で美味しく、健康的なお弁当を適正な価格でご提供できるよう、
配達効率の向上と廃棄ロスを低減できるよう日々努力しております。

このページの先頭へ